赤面症 腹式呼吸

赤面症には腹式呼吸

赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)の場合、人と一対一で話す事が苦手であったり、人前に立つと緊張や不安なことで、顔が赤くなってしまうでしょう。

 

やっぱり、赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)は緊張から来る物みたいですね。
薬で治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行ったり、催眠療法(催眠療法師、催眠技能士と呼ねれる民間資格を取得した人が施術を行います)を行ったりする場合も可能ですが、今回は治療というよりもは、赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)の症状がでる前に緊張や不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)を感じた際に自分で出来る対処方法を紹介していきます。

 

いつでも手軽にできる方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)として、「腹式呼吸」がおすすめです。
赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)は自律神経と深い関係があって、交感神経が不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)や緊張を感じた際に正常以上に働いてしまうことで顔が赤くなるようです。
この時、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)の働きを正常な働きに戻すことができるのが腹式呼吸ようですよ。

 

腹式呼吸を行うポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)としては、通常の呼吸を行う際は肋骨を意識的にいるかと思うのですが、腹部で呼吸することを意識するようにして下さい。
まず、鼻から息をすい込むと呼ねれているんですが、この時、ゆっくりとお腹を膨らませながら、これ以上吸い込めないというところまで息を吸うのがポイントですね。

 

次に、吐く時は口から吐き、今度はゆっくりとお腹をへこませるように、背中に腹部がくっついていくようなイメージで吐いていきます。
下腹に軽く手を乗せながらやると、判り易いと思っているのです。
鼻から吸って鼻から吐くといった普段の呼吸方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)とは違って、自分で意識して行う呼吸法です。

 

この方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で呼吸を10回程度行えば、きっと心身がリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)したことを実感出来るようになっています。
呼吸の仕方に慣れてくれば、どこでもおこなう事のできるようになりますから、外出先で緊張シソうになってしまった場合、少し落ち着いて腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)を行えば、体の緊張をほぐすことができるでしょうよ。

 

 

赤面症を自宅で改善するには

腹式呼吸ウィキ

腹式呼吸(ふくしきこきゅう)とは、一般的には胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさずに行う呼吸のことをいう。腹式呼吸に対して、ラジオ体操の深呼吸のように肋骨を大きく広げて息を吸う方法を胸式呼吸ということがある。

 

声楽においては、声を良く出すために呼吸を工夫することを、腹式呼吸という言葉で示すことが多い。

 

なにげにお買い物