赤面症 原因

赤面症の原因

人前で顔がトマトみたいに真っ赤になった経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)は、どんな人でも一度や二度あることと思います。
でも、赤面症で悩む人の場合、人前に出ると日常から顔が赤くなってしまうようです。

 

要因としてはまだハッキリと判っていないでしょうが、現在のところ赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)は対人恐怖症の一つだと考えられています。

 

赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)の方は、人前に出ると精神的に緊張してしまい、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)になってしまうわけです。
心臓がドキドキしたり、手が汗ばんだりする状態だといえます。

 

すると、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)の交感神経のほうがより活発になり、血液の循環が良くなって、結果的に顔の血行も良くなって過ぎて顔が赤くなってしまう、所謂「赤面」と呼ばれる状態になってしまうでしょう。
人前で緊張してしまったりする原因は、上手に話さなくてはいけない、必ずしも失敗してはいけない、というプレッシャー(細部にはあまりこだわらず、結果に意識を集中させるとよいそうです)から来る可能性があるのです。

 

それに、他人から良く思われたい、と言った自意識(高く持たないと成長できないといわれています)過剰的なケースもあります。
もしくは、過去にたいへん恥ずかしい経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)をしてそれがトラウマとなり、人の前に出ると異常に緊張してしまう事もあります。

 

ただ、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)の怖い所は、一度自分が赤面症だと自覚してしまうと、今度は赤面してしまう事自体に不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を覚えるようになることです。
そうなってしまったら、何もしなくても緊張して赤面するようになってしまうわけです。

 

このように、感情(時には大きく動かして、泣いたり笑ったりするのが健康にいいといわれています)的な事が理由となっている赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)の他にも、お酒を飲んだ時や熱がある際に顔が赤くなってしまう生理的な事が理由の赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)。

 

特定のところに来ると顔が赤くなってしまう環境的な事が理由の赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)もあるでしょうから、覚えておくといいかもしれませんね。

 

 

赤面症を自宅で改善するには

赤面ウィキ

赤面(せきめん)は、人間の無意識な行為の一種で、他人と対話する際などに顔が紅潮してしまう現象をいう。

 

なにげにお買い物