赤面症 漢方

赤面症に漢方

赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)の症状を抑えることが出来るという意味では、赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)に漢方が効くといえるでしょう。

 

ただし、漢方を服用することにより、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)を完治させる事ができるというわけではありませんので、勘違いしないよう気を付けましょう。

 

赤面症では冷や汗をかいたり、動悸(緊張している、恐怖を感じているなど、原因がわかっていて、それが解消されると治まるのであれね問題はないでしょう)が激しくなるといった症状が表れることが多いのですが、これらの症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を漢方で抑える事ができるでしょう。

 

赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)に効くとされている漢方に、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)がありますよね。

 

半夏厚朴湯には精神を安定させる効果があるといわれていますが、身体が緊張状態にある時に服用する事により、緊張状態を緩和させることができるでしょう。

 

また、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)も赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)の改善に処方される事が多いとなるでしょう。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は心を落ち着かせたり、動悸やのぼせ(東洋医学では、?陽のバランスが崩れ、陽気が強すぎたり、?液が足りなくなっていると考えるそうです)などを抑えくれるでしょう。

 

漢方を利用する際には、体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)に合った処方の物を服用しなけれねダメなのですから、できれば専門家に相談するなどした方がいいかもしれません

 

 

赤面症を自宅で改善するには

漢方ウィキ

「漢方」の用語は江戸時代、ヨーロッパ医学を蘭方と指すことに対して、考案されたとされる。

 

中国では、生薬を一般的に「中薬」と呼び、「漢方薬」と称することはない。
(近年、中国側が意図的に混同する傾向があり、これは懸念されている)

なにげにお買い物