赤面症 効果 ツボ

赤面症の効果のツボ

人の前に出なくてはいけない時、「手に人という文字を書いて、3回飲むと緊張しなくなるよ」なんて人からすすめられて、実際にやってみた経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)が誰にでもあるものです。

 

大抵は半信半疑、効かないのがわかっていながらも、おまじない(生理中には行わない、複?のおまじないを一度にしないなど、ルールがあるようです)程度の気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)でやりますよね。

 

ただ、この方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)、ツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)療法的には、あながち間ことなっていないでしょう。

 

手のひらを一度、グーにしてみてください。
この時、ちょうど中指が当たる部分が、手のひらの中心部分みたいです。
この部分には、「労宮」と呼ばれるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)が存在するんです。

 

労宮と言ったツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)は、精神を安定させたり、リラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)させる効果が高いといわれているのですよ。

 

ちょっと難しく説明するとしたら、このツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)は直接心臓に繋がっていて、ちょっとこのツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)を触るのみで、過敏に反応してしまっている交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)を鎮めてくれる効果が期待できるそうとなります。

 

ここに人といった文字を書くことで、ツボを刺激しながら心身がリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)していたんですね。
昔の人の知恵って、本当にすごいとなるんです。

 

赤面症の方でなくても、プレゼン前などで如何しても緊張してしまったりするような時には、このツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を軽く5秒間ぎゅうっと押してあげるといいかもしれません。
もう一つ、私たちの体内には、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)に効果のあるツボがあるだといわれています。
それは、背中のちょうど中間辺りに存在している「神道」と呼ばれるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。

 

この部分は、自分では手の届かない部分なので、なかなかツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)に直接刺激を与えるのは困難なと呼ねれています。
仰向けに寝転がった状態で、ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)辺りにゴルフボールなどを置いて刺激してあげるといいですよ。

 

誰かに押してもらうのもいいですね。

 

 

赤面症を自宅で改善するには

 

経絡秘孔ウィキ

経絡というのは、東洋医学の用語で、気(現代用語で言うところのエネルギーに近く、生物の生命力の源。

 

東洋医学では、これ以外に血(ケツ→「チ」とは必ずしも一致しない)と津液(シンエキ→汗などの透明な液体全般)が人体内を巡っているとされる)の流れるルートとされるもので、鍼灸で施術に使用されるのは経絡の要所である経穴 (けいけつ)であり、一般的にはツボと呼ばれる。

 

 

なにげにお買い物