赤面症

赤面症になり易い人

赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)が起こってしまう原因としては様々あるみたいですが、最も一般的で多いのは、精神的な面から来ることだと思います。

 

不安や緊張を感じるもので、交感神経が活発に働いてしまったがために血行が良くなり、顔のみならず、耳や首の辺りまで赤くなってしまったと言う症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が起こってしまいます。

 

しかし、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)や緊張を感じたからと言って、誰しもが赤面症になる訳ではないでしょう。
例え緊張していても、顔には全然そういったことがあらわれてこない人もいるため。

 

では、一体、どのくらいの人が赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)になりやすいですからしょうか。
一番初めに、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)の症状を感じる時期に関しては、思春期(思春期うつ病を患ってしまう子も増えているようです)頃が一番多いと言われているのです。
ただ、成人してから初めて、自分が赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)だと言う事に気がつかれた方も、中にはいらっしゃいます。

 

このように、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)を起こすような方の多くが、やはり、人と一対一で会話(途切れた時のことを天使が通ったと表現することもあります)をするのが苦手だったり、プレッシャー(掛け続けると、ストレスでいずれ爆発してしまうこともあるでしょう)を感じたりしてしまったりする人が多いのです。

 

それに、子供のころに何か人前で大きな失敗をして恥をかいた経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)があるような方であれね、これがトラウマとなり、人前に出る事などに不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を感じてしまうことが多くなるようです。
一度そういう大きな失敗や恥をかくと、自分に自信がなくなり、必要以上に人から自分がどんな風に思われているのかなど、人目を気にするようになってしまうのです。

 

上記にあげたようなことから、自分に自信を持てない方も赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)になってしまいがちなだと言えるはずです。

 

それ以外にも、自分の身の回りの物事をネガティブ(対義語はポジティブですね)に考える傾向にある方や小さなことでもとても悩んでしまいやすいな方が赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)になってしまう可能性が高いこともわかっています。

 

 

赤面症を自宅で改善するには

赤面をするときウィキ

赤面をする場合には次のような理由が挙げられる。

 

1.感情的理由(恥ずかしい・嬉しい・激怒している・泣く・好意を寄せている…etc..)
2.生理的理由(発熱などの体調不良、飲酒)
3.環境的理由(暑い)

なにげにお買い物