赤面症 催眠療法

赤面症に催眠療法

赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)とは名前の通り、人の前に立つと不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)を感じるようなことにより、顔が赤くなってしまう事によりす。

 

どんな方でもそういった経験をされたことがあるようですが、こういった事がしょっちゅう起こるとなるでしょうと、毎日の生活の面で支障をきたす事もあるみたいです。

 

赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)は精神的な物が原因であると言われていますが、当然、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行う事も可能です。

 

治療方法として、精神安定剤などを使用した薬物治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)などもありますが、今回は催眠療法(施術を行う民間団体の中には、スピリチュアルな概念を取り入れているところもあるでしょう)に関してご紹介していきます。

 

赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)になってしまった原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の一つに、過去に体験した恥ずかしかった出来事や大きな失敗をしてしまった事などがトラウマとなって、赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)になったのであれねいうこともありますね。

 

催眠療法(近年、知られるようになったものに、ヒプノセラピーがあります)では、緊張を解きほぐし、体をリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)させてあげる事により潜在意識(無意識と呼ぶこともあるでしょう)に働きかけ、過去に体験したできごとを引き出し、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)を克服していくになるかもしれません。

 

こういった催眠療法(ヒプノセラピーとも呼ねれている精神療法です)は、「伝統的催眠法」と呼ばれていて、実際にこの催眠を受ける方の二十五パーセント程度しか催眠状態になれる人がおらず、違和感を感じる方も多くいるはずです。

 

それとは別に、「現代催眠法」と言うのがあって、これは呼吸法(腹式呼吸、胸式呼吸の他にも、逆腹式呼吸や片鼻呼吸などがあります)などを使用して、自力で催眠状態を作っていくという方法です。
この方法は、訓練(練習次第で、できなかったことでもできるようになるのが人間のすごいところだと思います)次第では、もっと優れた催眠効果があり、リラックスできるとなっています。

 

やっぱり、赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)の方は、普通の人よりも不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)や心配を感じたりすることが多く、普通の暮らしでも思っていた以上のストレスを感じている方が多くいます。

 

その(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)するためにも、現代催眠法は効果的みたいですよ。

 

 

赤面症を自宅で改善するには

 

催眠療法ウィキ

催眠療法(さいみんりょうほう)とは、Hypnotherapyの訳語で、催眠を用いる精神療法の一種である。

 

必ずしも病気治療に限るわけではなく、その限りにおいては医師以外でも行いうるので、催眠治療と訳すのは誤り。

 

参考文献
 A・M・クラズナー 『クラズナー博士のあなたにもできるヒプノセラピー』
 中島勇一 『こころの力が広がるとき―無意識からのメッセージを受け取るヒプノセラピー (単行本)』

なにげにお買い物