赤面症 ツボ

赤面症のツボ

赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)に効果があるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)として一番よく知られたツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)に、労宮(ろうきゅう)があるんでしょうか。

 

労宮は手のひらにあるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)で、このツボを刺激することで、精神を安定させる効果が有るとされており、ツボの場所も割と見つけやすいだと言われているのです。

 

労宮のツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)をみつけるには、指を曲げてみるのがお勧めです。

 

中指の先あたりに、へこんだ場所をみつけられると思っているのです。

 

労宮は強く指圧するのではなくて、やさしくのんびりと指圧する事により、安心感をもたらす事ができるツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)でもあるんです。

 

緊張して動悸(普段はそれほど意識していない心臓の拍動を自分で感じられる状態をいいます)が早まった場合などにも効果があるですよね。

 

人前でもあまり目立たずに、気軽に指圧する事ができるのも魅力でしょう。

 

また、手首(ここが細い女性はとてもきゃしゃにみえます)にある神門(しんもん)と呼ばれるツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)にも、赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を緩和してくれる効果があるのです。

 

神門は手首(ブレスレットや時計などで装飾することも多いものです)を握るようにして押す事ができるために、より自ずと目立たずに押せるになるのです。

 

赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を感じた時だけじゃなく、日常的にこれらのツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を指圧して体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)改善を目指してくださいね。

 

 

赤面症を自宅で改善するには

対処法ウィキ

赤面しているときは緊張しているときと同じような状態であることが多いので過呼吸であることが多い。そのときには深呼吸をすると呼吸が正常になり一時的に赤面を抑えることができると言われているが個人差が大きくあまり大きな効果は期待されていない。
応急処置程度である。

 

また他人の目を気にしすぎていることが赤面症患者には多く、あまり周囲を気にしないという方法もあるが、自ら実行するのは非常に難しい。
この方法を実行するのは目をつぶることが最善の方法だが、目をつぶってしまうと赤面症患者は「まわりは目を開けているのに自分だけ・・・」という具合にさらに周りの目を気にしてしまう。学校などでは難しいが、街中などではサングラスをかけて対処できる。

 

 

なにげにお買い物